ブラジリアンワックス脱毛とは?

ブラジリアンワックス脱毛とは、ビキニラインといったVIO箇所の脱毛のことです。

アンダーヘア脱毛とも呼ばれています。

ブラジリアンワックス脱毛と聞くと、何となく女性だけの脱毛イメージがありますよね。

実際は、男性でも行っている方は年々多くなってきています。

ブラジリアンワックスの脱毛方法とは?

ブラジリアンワックスは、通販サイトなどでも販売されているので、ご自分で処理されている方も多いです。

ここでは、ブラジリアンワックス脱毛を取り入れている店舗で一般的に行われている方法でお伝えします。

まず、施術室でお店から渡された専用の下着をつけ、施術台に横になります。

温めたワックス剤を、脱毛したい部位にそっと塗ります。

その後、専用のワックスペーパーをワックス剤の上に貼り、頃合いを見ながら一気にはがします。

はがすことで、毛根から一気に毛が抜き去られ、お肌がつるつるスベスベになります。

このお肌のつるつるスベスベ効果は、だいたい1~2週間持続します。

ワックスペーパーでの脱毛はストリップワックスといいます。

他にも、ハードワックスでの施術方法もあります。

方法は、脱毛したい部位にワックス剤を塗り、固まってからワックス剤をはがすのです。

この方法は、Iラインのような屈曲した部位に適しています。

どの方法を用いるかは、その店舗によって違います。

脱毛出来る箇所は?

ブラジリアンワックス脱毛の適応部位は、VIO箇所です。

おさらいしておきますと、Vはビキニライン、Iは股の間、Oは肛門周囲のことです。

男性でも、睾丸や陰茎などの部位に行う方が増えています。

・VIO以外の場所に行うのは、ワックス脱毛です

ブラジリアンワックス脱毛は、あくまでもアンダーヘアに関連した部位の脱毛方法です。

お顔やワキなどといったアンダーヘアに関連しない部位の脱毛は、ワックス脱毛ですのでブラジリアンワックス脱毛とは呼びません。

痛みはないの?

ブラジリアンワックス脱毛を考えておられる方に共通して聞かれる不安が、施術中の痛みです。

正直なお話をしますと、ブラジリアンワックス脱毛には多少なりとも痛みは伴います。

もちろんその痛みは激痛とまではいかず、人それぞれ皮膚の薄さや痛みの感じ方が違うとはいえども、我慢できる範囲ではあります。

特に、今までに医療用脱毛や光脱毛などといった脱毛経験がない方ですと、毛根がしっかりしているので初回に痛みは多少生じます。

また、生理前の身体はデリケートですので、その時期に行うと通常以上に痛みを覚える方が多いです。

しかし、ブラジリアンワックス脱毛を何度か続けていくうちに、毛が細くなってくるので痛みは軽くなります。

また、初回の施術後は平均して6週間ほどで施術前の状態に戻ってきます。

2回目の施術は、この6週間を超えると痛みが強くなりがちですので、6週間より前に行うとよいでしょう。

自己でブラジリアンワックスを行う場合の注意点

店舗での施術は慣れた担当者がいるので安心ですが、ご自分でブラジリアンワックスを行う方もいらっしゃいます。

ワックスは適温に温めましょう。

ワックスが冷たいままでは、ワックスが固く伸ばしにくく、塗りにくいです。

また、一度に広範囲にワックスを塗るのではなく、小さい範囲での脱毛を繰り返しましょう。

ワックス剤を塗るときやワックスペーパーをはがす際は、その部位の皮膚をしっかり伸ばしてすばやく一気にはがしましょう。

はがし方は、肌と並行に、かつ毛の流れに逆らいながらはがすのが欠かせないポイントです。

脱毛サロンとの効果の違いは?

VIO脱毛は、脱毛サロンでも行われています。

脱毛サロンでの脱毛とブラジリアンワックス脱毛との違いは、用いる施術方法と得られる効果にあります。

脱毛サロンで一般的に行われている脱毛方法は、光脱毛という方法です。

毛のメラニン色素が多い時期である、毛周期の成長期を狙って光を与えます。

医療脱毛のレーザー脱毛や、この光脱毛での脱毛方法は、毛根を破壊することで永久に毛が生えてこないことを期待して行われています。

脱毛サロンでの何回かの施術で、脱毛効果を得られます。

一方でブラジリアンワックス脱毛は、光脱毛と違い、光を当てずにワックスを塗り毛根から毛を抜き去る方法です。

この方法では、単に毛を抜き去るだけで毛根は破壊されていません。

なので、ある程度の期間を置いたあとは次の毛が生えてきます。

しかし、生えてくる次の毛は、毛根が弱まり毛周期が長くなっているものですし、次の毛が生えてくるスピードはブラジリアンワックス脱毛回数を重ねるうちに遅くなってきます。

脱毛サロンとブラジリアンワックス脱毛の違いを端的に説明するなら、永久脱毛か一時的な脱毛かの違いでしょう。

ブラジリアンワックス脱毛のメリットは?

ブラジリアンワックス脱毛で得られるメリットについて、まとめてみます。

排泄物や分泌物が毛につかないので、衛生的

ブラジリアンワックス脱毛を行うと、毛量が現在よりも圧倒的に少なくなります。

その分、尿やおりものが陰毛につかないので、常に清潔を維持できます。

生理の際、蒸れやかゆみといった不快感が減少する

生理中の女性の身体は、普段に増してデリケートです。

ブラジリアンワックス脱毛で毛量が少なくなると、生理中のトラブル回避につながります。

例としては、経血が付着することで生じる不快感や、ナプキンとの接触による下着内での蒸れが減少します。

カミソリで剃るよりも、チクチクした不快感が少ない

カミソリで剃ると、剃った直後はよいのですが、後に毛が生えてくるにつれてチクチクしてしまいます。

ブラジリアンワックス脱毛を継続して行うと、毛根が弱まることから次に毛が生えてくるまで時間がかかるようになるので、不快感も少なくなります。

アンダーヘアの形を、いつでも修正できる

アンダーヘアの形は、人それぞれ好みが違います。

三角型、卵型、長方形型、ハート形、もしくは全てをつるつるに脱毛したい方など、いろんなご希望があるかと思います。

永久脱毛をしてしまうと最初に決めた形で固定されてしまいますが、ブラジリアンワックス脱毛を行うと、その時々の好みで形を調整可能です。

アンダーヘアの毛質や毛量が変化する

通常、アンダーヘアはチリチリした毛質の方が多いかと思います。

ブラジリアンワックス脱毛を繰り返すうちに、アンダーヘアの毛質がストレートやさらさらになる方が多いです。

他にも、ゴワゴワした毛量がさらっと少なくなるメリットがあります。

毛量が気になる方は、一度アンダーヘアの全てを脱毛してしまったほうが、次から毛量が整う傾向にあります。

下着や水着選びに苦労しなくなる

ブラジリアンワックス脱毛で脱毛効果が得られると、いざ下着をつけても、陰毛が下着からはみ出てしまうことがなくなります。

同じことは水着でもいえるので、下着、水着ともに選択の範囲が大きく広がります。

古い角質が取り除かれ、お肌が整う

ブラジリアンワックス脱毛では、ワックスを塗った後に重ねた専用のワックスペーパーをはがす際に、脱毛部位に残っていた古い角質も一緒に取り除かれます。

結果、お肌に余分なものが取り除かれ、新たな皮膚へと生まれ変わります。

店舗へ通う際、事前に自己処理の必要なし

ブラジリアンワックス脱毛を店舗で行う場合、通常の脱毛サロンと違って事前に自宅で脱毛部位の自己処理を行う必要がありません。

ブラジリアンワックス脱毛は、ワックスペーパーで毛にからみつきながら脱毛を行います。

最低でも4~5㎜の長さの毛は必要ですので、脱毛当日はそのままで来店するとよいのは非常に楽です。
  

ブラジリアンワックス脱毛のデメリットは?

では逆に、ブラジリアンワックス脱毛で生じるデメリットについてもまとめてみます。

永久脱毛効果には至らない

ブラジリアンワックス脱毛は、毛根を破壊する脱毛サロンでの施術と違い、毛根の働きを残したままの脱毛になります。

そのため、定期的に脱毛を続ける必要があります。

目安として、毛質や毛量を変えることが目的の場合は、1か月から1か月半に1度の施術を推奨しています。

旅行やプールに行くなど、何かイベントがある際の対策目的の場合は、遅くてもイベント予定日の3日前までの施術が望ましいです。

脱毛時に多少の痛みがある

上部でお伝えしたように、ブラジリアンワックス脱毛では多少なりとも痛みが生じます。

しかし、回数を重ねるうちにその痛みは減少していきますし、痛み自体は耐えられないほどのものではありません。

皮膚に過敏症状が出る場合がある

これはブラジリアンワックス脱毛に限ったことではありませんが、脱毛は施術後にお肌がヒリヒリしたり、お肌に赤みやかゆみが生じる場合があります。

いずれも、お肌にワックスやワックスペーパーではがす際の刺激が一時的に加わったものであり、原因が分かっているので数時間から数日でよくなります。

店舗で行った場合は、お肌に優しいローションなどでのアフターケアをしてくれているはずですが、帰宅後に症状が気になった場合は、手持ちの化粧水(油分が少ないもの)で保湿しながら冷たいタオルや保冷剤などで冷やすとよいでしょう。

保冷剤はそのまま皮膚に当てるのではなく、タオルなどでくるんでから当てましょう。

あまりにも過敏症状が辛かった場合は、その施術部位はしばらくそっとしておき、他の部位から脱毛を行うとよいでしょう。