女性の方であれば切っても切れないデリケートな問題に脱毛があることでしょう。

様々な脱毛方法が確立されている昨今、どの脱毛方法を行うことが良いのか目移りしてなかなか決められないと言うことも多いです。

自分自身に合った脱毛方法を利用することが何より大事になってきますが、使ってみないと分からないと言う諸刃の剣でもあります。

そこで今回は脱毛石鹸についてご紹介します。

脱毛石鹸の選び方や使い方、メリット、デメリットについてご紹介しますので、脱毛石鹸を使ってみようと思われる方は是非参考にして下さい。

脱毛石鹸とは?

脱毛石鹸とは、ムダ毛処理効果のある石鹸のことで、その種類はムダ毛の育成を抑制するとされているイソフラボンを含むものや、毛を溶かしてしまう成分を含むものなど様々なものがあります。

体を洗うだけで脱毛まで出来ると言った夢のようなものではありますが、毛根細胞を破壊し永久脱毛と同じ効果を持つものは現状存在しません。

脱毛石鹸は厳密に言うとその作用は除毛効果や抑毛効果と言ったものになります。

一般的に言う脱毛とは、ムダ毛を処理して再び生えてこなくするものですが、脱毛石鹸にはそうした効果はありません。

ですので脱毛石鹸は正確には「除毛石鹸」や「抑毛石鹸」と言った呼び方となります。

除毛石鹸

除毛効果のある石鹸には、除毛クリームなどと同じくチオグリコール酸が含まれています。

チオグリコール酸はタンパク質を溶かす成分で、この作用によりムダ毛を溶かします。

ムダ毛だけに作用すれば良いのですが、チオグリコール酸は少なからず肌へダメージを与えます。

そのため、敏感肌の人であったりアレルギーを持っている方は使用を避けるようにして下さい。

また、顔やVIOの脱毛には刺激が強いので向いておらず、粘膜などにもチオグリコール酸が入らないように気をつける必要があります。

抑毛石鹸

抑毛効果のある石鹸には、大豆エキスや豆乳発酵液などの大豆由来の成分が含まれているものが多くあります。

大豆には女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが含まれており、抑毛石鹸を使い続けることによって緩やかな抑毛効果が期待出来ます。

除毛石鹸とは違い肌へのダメージが少ない分、効果も弱いものとなります。

また、抑毛石鹸の効果が現れる女性は50%とされております。

イソフラボンを腸内で分解し、エクオールとすることで女性ホルモンと同じ働きをすることが出来ることになりますが、この腸内で分解出来る女性は約半数と言われています。

そのため長らく使っても効果が出ないと言う方もいらっしゃいますので、あまり効果が見られない場合には使用をきっぱりと止めることも大事になってきます。

脱毛石鹸にはこの二つの種類がありますので、お使いになる際にはご自身に合ったものを使うようにして下さい。

脱毛石鹸の正しい選び方は?

どの脱毛石鹸にしようかとお悩みの場合には、効果と料金、安全性と言った部分に焦点を合わせてお探しになってみると良いでしょう。

では、ポイントとなる効果と料金、安全性と言ったことについてご説明します。

効果

先ほどもご説明したように、脱毛石鹸で重要視する部分はチオグリコール酸が含まれているものか、イソフラボンが含まれているかと言う点になります。

それぞれ一長一短あるものですので、どちらが自分に合うものかと考える必要があります。

そしてもう一つ注目したい成分が、ラレアディバリカタエキスになります。

イソフラボンは毛を細くする効果がありますが、ラレアディバリカタエキスは毛の生えてくる速度を遅くするものになります。

最近ではイソフラボンと複合的に配合されている脱毛石鹸が多くなっていますが、この機会に改めてラレアディバリカタエキスが配合されているかどうかを見てみると良いでしょう。

料金

今まで使っていたボディソープや石鹸の代わりとして脱毛石鹸を使うこととなりますので、香りや肌触り、自身の肌に合うかなどと言った使用感を確かめる必要があります。

使用感を確かめるにしても一度購入して手元にある状態にしなければなりません。

そこで初回購入特典などを利用する方法があります。

こう言った初回購入特典などのキャンペーンを利用することにより、よりリーズナブルに脱毛石鹸を使うことが出来ます。

キャンペーンをしているかどうかに注目するのも脱毛石鹸を選ぶポイントの一つとなります。

安全性

何よりも気を回さなければならないポイントになります。

せっかく美肌を得るために行う脱毛で肌を傷めてしまっては元も子もありません。

また、含まれている成分を理解していないと後々トラブルに巻き込まれてしまう可能性もありますので、含有成分はしっかりと把握しておくことが大事になります。

植物由来のものであれば基本的に肌に優しいものとなりますが、アレルギーの問題もありますので個人差は大きく生じることになります。

脱毛石鹸を使う前にまずはパッチテストを行い、異常な反応が見られた場合には使うことを止めて下さい。

脱毛石鹸ですので脱毛効果のある成分が含まれていることは当然ですが、他にも美容成分が含まれているかどうかを確認するようにして下さい。

脱毛石鹸を選ぶ際にはこのようなポイントに注目して選んでみると良いでしょう。

基本的には脱毛効果が緩やかに出るものになりますので、長期間に渡り使っていくものとなります。

使用感や料金体系も含め、自分に合ったものを選ぶようにして下さい。

脱毛石鹸の使い方は?

脱毛石鹸と言うことで普段使っているボディソープのように使えば良いとお考えになる方が多くいらっしゃいますが、実はしっかりとした使い方があります。

しっかりとした使い方をしないと脱毛効果が下がるどころか、肌へ余計なダメージを与えてしまうこともありますので、しっかりと使い方を知っていなくてはなりません。

泡立てる

脱毛石鹸を直接肌へと擦ってしまうと肌へ余計なダメージを与えることになってしまいます。

そのためまずはスポンジでしっかりと脱毛石鹸を泡立てるようにします。

この際に石鹸ネットを使うことにより、泡立てを効率良く行うことが出来ます。

優しく洗う

よく体をしっかりと洗うためにゴシゴシと力を入れて洗ってしまう方がいますが、これは逆効果になるどころか肌を傷つけてしまいます。

しっかりと泡立てた脱毛石鹸で優しく撫でるように洗うことが正しい使い方となります。

マッサージの要領で揉みこむように優しく洗って下さい。

洗い流す

体を洗浄後はしっかりと脱毛石鹸を流します。

この時にすすぎ残しがあると肌荒れの原因ともなりますので、泡が残らないようにシャワーでしっかりと流すようにして下さい。

泡自体は通常の石鹸と同じくシャワーで簡単に流すことが出来ます。

保湿

脱毛石鹸を使用した入浴後は、しっかりと保湿ケアをします。

特に脱毛石鹸で除毛効果のあるものを使った場合には、脱毛と同時に肌がダメージを受けている可能性があります。

保湿をしっかりとすることにより、肌のダメージを軽減出来ますので、脱毛と合わせてより美肌を目指すことが出来ます。

脱毛石鹸の使い方は以上になります。

正しい使い方を心掛けることにより、より効果的に脱毛を行うことが出来ます。

特に入浴後の保湿は大事な部分となってきますので、多少面倒に思われても欠かさないようにすることが美容効果を得るためには必要となります。

脱毛石鹸のメリットは?

脱毛石鹸を使う上でのメリットをご紹介します。

肌へのダメージが少ない

除毛効果のある脱毛石鹸では肌へのダメージが心配されてきますが、カミソリや電気シェーバーなどの脱毛と比べると肌への刺激は弱いものになります。

カミソリや電気シェーバーでは毛穴部分の角質を削り取ってしまうために、脱毛を行う度に肌へダメージが蓄積されていきます。

その結果、毛嚢炎や毛穴の開き、色素沈着などの肌トラブルを招いてしまうこともあります。

天然由来の脱毛石鹸であれば、効果が緩やかな分、肌へのダメージが少ないものになりますので、毛穴などへの直接的なダメージを減らすことが出来ます。

お手軽に使うことが出来る

毎日の入浴と同時に行うことが出来るので、余計な手間が掛かりません。

泡を体につけてその後に放置時間が必要になったりと言う手間もありませんし、忙しい毎日を送る方にはうってつけのものとなっています。

全身に使うことが出来る

体を洗う要領で脱毛も同時に行いますので、全身の脱毛をすることが出来ます。

ただし、顔やVIOなどのデリケートゾーンは使用を制限している脱毛石鹸もありますので、注意事項をよく確認するようにして下さい。

処理中の痛みがない

痛みが原因で脱毛サロンなどの利用を躊躇してしまう方は多いです。

脱毛には痛みが付きものになるケースがよくありますが、脱毛石鹸を使う場合にはこのような痛みを感じることはありません。

痛みに弱い方、毛を引き抜くダメージを肌に与えたくない方は脱毛石鹸を使うようにすると良いでしょう。

脱毛石鹸のデメリットは?

次に脱毛石鹸のデメリットについてご紹介します。

効果が出るまでに時間が掛かる

脱毛石鹸を使う上で最大のデメリットとも言えることが即効性がないと言うことです。

そのため日々使っている場合は良いのですが、この夏に脱毛したいなどと短期間での脱毛を目指す場合には向いていません。

個人差が大きく出る

先に説明したイソフラボンを分解してエクオールと出来る方は女性の半分になります。

この効果が出るかどうかは事前に尿検査などで調べることが出来ますが、そこまで手間を掛けたくないと言うのが本音です。

実際に使ってみなければ効果があるかどうか分からないと言うことは費用面でネックとなります。

購入経路が限定される

脱毛石鹸を購入される際には主にインターネットでの通販を利用します。

気軽にドラッグストアなどで手に入れば良いのですが、なかなか脱毛石鹸を扱っているドラッグストアは多くありません。

また、インターネット通販以外で購入される場合には品薄になりやすく、すぐに手に入らないと言うケースもあります。

ボディソープと同じく日用品として使うものですので、継続的に使う場合には定期配達などを利用することとなります。

まとめ

脱毛石鹸には以上のように一長一短があります。

他の脱毛方法と見比べてご自身に合っているかどうかを選ぶポイントとして、ご利用をお考え下さい。

なかなか脱毛サロンに通う時間が取れなく、自分のタイミングで脱毛処理をしたいと言う方であれば脱毛石鹸はおすすめとなります。

これを機会に脱毛石鹸のご利用を検討してみては如何でしょう。