永久脱毛とは?

永久脱毛と一時的脱毛の違い

女性であれば一度は耳にしたことがある永久脱毛と一時的脱毛or半永久脱毛とはどんな違いがあるのでしょうか。

簡単にまとめると、作用してくる場所が違います。

永久脱毛とは毛の毛根部分に作用し、毛根部分にダメージを与えることで生えてこないようにするものであり、一時的脱毛(半永久脱毛)とは、カミソリ等により目に見えている毛をなくしたりピンセット等により毛を抜いたりすることです。

永久脱毛をした毛は強くダメージを与えられているためほとんどの毛が生えてこないようになります。

半永久脱毛では毛を抜いている、もしくは剃っているだけなので通常通り毛のサイクルに合わせて生えてきます。

様々な脱毛方法

一概に永久脱毛といっても色々な方法があります。

本来であれば医療行為であり、ニードル脱毛やレーザー脱毛が主となっていますが、エステサロン等で光を使ったフラッシュ脱毛などもあります。

これらは全て永久脱毛です。

半永久脱毛の主な脱毛法としてはワックス脱毛等があります。

様々な永久脱毛の方法がある中でもニードル脱毛の効果が高いと言われています。

毛穴ひとつひとつに針を刺して、毛に栄養を送っている、毛を作り出す毛乳頭という部分に強い電流を流すことでダメージを与え、毛の生成をできないようにさせます。

毛穴ひとつひとつに作用していくため確実ではありますが、毛乳頭を破壊するほどの電流を流すのでかなりの痛みを伴います。

レーザー脱毛とは、メラニンに反応し作用する永久脱毛法です。

黒いものに反応するため、極端な日焼けをしている方や黒子の上などは避けて行います。

誤って日焼け肌や黒子の上に当ててしまうと火傷や跡に残る可能性もあります。

フラッシュ脱毛もレーザー脱毛と同じ原理で、毛のメラニンに反応させて毛根にダメージを与える脱毛法です。

主にエステサロン等で行われるため、レーザー脱毛よりは威力は弱いです。

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛に関しては黒いものに反応するため、毛抜きで抜いてしまった後の毛やまだ生えてきていない毛穴にダメージを与えることはできません。

最近ではSHR式の脱毛もでてきています。これは毛穴全体、毛を包む毛包に作用するため、一度に全ての毛穴にダメージを与えることができ毛周期等を考えずに行えるため通常の永久脱毛よりも完了するのがはやいです。

永久脱毛すると毛は二度と生えてこないの?

一生生えないわけではない

永久脱毛について、米国電気脱毛協会では「最終脱毛から1ヶ月後の毛が20%以下である脱毛法と定義しています。

つまり、完璧にツルツルにならなくても1ヶ月後に2割程度の毛が生えてきても永久脱毛であるといえます。

しかし、永久脱毛終了後に生えてくる毛は薄く、細い毛が多いです。

何年かたった後、妊娠などを機にホルモンバランの乱れにより、急に生えてくる方もいます。

しかしながらほとんど生えてこない方の方が圧倒的に多いです。

永久脱毛のメリットは?

自己処理の回数が減る

毎日毎日カミソリで毛を剃ったり、毛抜きで抜いたらする作業が日課になっている人もいるのではないでしょうか。

時間も手間もかかり、さらに肌を傷付ける原因にもなってしまいます。

永久脱毛をしていれば毎日剃ることもありませんし皮膚に余計な刺激を与えることもありません。

特にお顔などは、カミソリ等の刺激が加わることで肌を守ろうとメラニンが生成され、シミやシワができやすくなります。

永久脱毛であれば普段の自己処理の回数は格段に減り、肌へのダメージも減っていきます。

肌が綺麗になってくる

ムダ毛が多い人は、汗や皮脂が毛穴に詰まりやすくなっています。

毛があることで毛穴の中で毛と汗と皮脂が詰まりあってニキビや肌荒れの原因にもなります。

こういったトラブルも、毛がなくなることで少なくなってきてはだがどんどん綺麗になってきます。

また、背中などは自分では見えないところの毛も処理されるため、ニキビができやすい正中線部位も肌荒れ等しにくくなってきます。

敏感肌の方は毎日の自己処理で肌に負担がかり、乾燥肌をさらに悪化させてしまいます。

そのため、自己処理が減って肌が綺麗になってきます。

オシャレの幅が広がる

自分では処理しにくい背中の毛や、ついつい忘れがちな脇の毛など、毛を剃り忘れたから今日は長袖にしよう。

背中が空いている服はきれないな、、などムダ毛があることでオシャレをする服装の幅が制限されていた方などは自信を持ってどんな服でも着れるようになります。

夏はもちろん、冬でもふとした時の腕まくりなど、見られています。

そのためツルツル肌を保っていれば、背中の開いた服でも胸元の開いた服でもショートパンツでも、服装に気を使うことなく自分のオシャレを楽しむことができます。

出産、生理の時に楽になる

女性であればほとんどの方が経験するであろう妊娠、出産、そして生理です。

妊娠し、出産するときにはかならずデリケートゾーンの毛は剃ることになります。

脱毛しておけばいざ出産の時にとても楽です。

そしてみなさん苦労する生理ですが、生理の時にデリケートゾーンの毛に血やおりものが混ざり、痒くなったり蒸れたりする経験があると思います。

毛がなくなればそれもなくなり、生理中のかゆみやデキモノなどができにくくなり普段よりもナプキンを変える回数が減るなどの嬉しいこともあります。

永久脱毛のデメリットとは

費用がかかる

永久脱毛は、回数や種類や場所にもよりますが全身でだいたい20〜50万かかることが多いです。

また、都度払いのところは少なくほとんどが前払いのため一度の出費がとても激しくなってしまいます。

また、その人の毛の太さや濃さによっては、全身脱毛後に脱毛しきれなかった部分を部分的に脱毛法と形でどんどん費用がかさんでいきます。

計画的に使えるようにしていくと良いでしょう。

痛みを伴う

ニードル脱毛やレーザー脱毛、フラッシュ脱毛、SHR式脱毛などそれぞれ多少は痛みを伴います。

人にもよりますし、技術者にもよってきますが無痛なことはほぼありません。

また、毛が濃い箇所や骨に違いない場所などはさらに痛みが強い場合もあります。

多少の痛みは覚悟していきましょう。

VIO脱毛は注意

特に女性で脱毛法をするデメリットが大きい箇所はデリケートゾーン、VIO脱毛です。

一時の感情で全体ツルツルにしたいと思い一度完了までしてしまうとなかなか生やすことは難しいです。

そのため、温泉など服を脱ぐ場では注目を浴び、少し恥ずかしい思いをしたとの声もあります。

また、お付き合いしている方がいる人や、これからお付き合いする人などは相手の彼の好みもありますので注意しましょう。

特にVは、少し残しておけばよかったと後悔する方も少なくありません。

脱毛後に注意

特にフラッシュ脱毛はとても乾燥します。

強い光を肌に当てるわけなので、当然、肌の水分は蒸発し肌が乾燥してしまいます。

元から乾燥肌の方は特に注意が必要になってきます。

また、脱毛後は肌が敏感になっているため少しの刺激で赤くなったり腫れたりすることもあります。

脱毛後は普段の三倍は保湿をし、肌を優しく扱い、入浴時に石鹸を使って身体を洗わないようにしたり汗をかくような運動は避けたりととにかく刺激を与えないことが大切です。

もし赤くなったり腫れたり痛みを伴うようなことがあった場合には、サロンもしくは病院に相談してください。