エステや医療機関といったところを利用して脱毛をするという方法はすっかりと定着したものだと思いますが、そういったところに通うよりも、自宅で自力でやっているという人が大半の脱毛や除毛方法だと思います。

自宅だからこそできることや手軽さなど色々とありますし、ポピュラーであるからこそ色々な疑問などもあると思います。

そんな、自宅脱毛について、実際の効果や疑問、お勧め方法などを見ていきたいと思います。

永久脱毛は自宅で出来るの?

家庭用脱毛器など、自宅でもできる脱毛というものがありますが、自宅でも永久脱毛は可能なの?

脱毛に興味がある人で、できればサロンなどに通いたくないなというような方は多いです。

結論から言いますと、自宅で永久脱毛を行うことはできません。

そもそも永久脱毛というのは、米国電気脱毛協会(AEA)の定義としては、最後に脱毛してから1ヶ月後に毛の再生率が20%以下になっている状態のことを言います。

この永久脱毛を行うためには、一定以上のレーザーの強さがないとできないようになっており、レーザーを利用できるのは医師が常駐している医療脱毛クリニックでなければできません。(威力が強すぎるレーザーは医療行為に該当するため)

自宅で利用しているような脱毛器等ではこういった効果は出せませんので、永久脱毛ではなくなるべく毛を薄くする方法であったり、定期的に毛を剃る除毛という手段を行っていくことがメインとなります。

自宅で出来るおすすめの脱毛方法は?

自宅でできるおすすめの脱毛方法ですが、いくつか方法があります。

除毛クリームを利用する方法

一番やりやすい方法としては、除毛クリームを利用する方法が挙げられます。

脱毛クリームは、お肌にアルカリ性のクリームを塗ることで皮膚の表面に出ているムダ毛を溶かして取り除く方法で、正確には除毛に分類されます。

カミソリで毛を剃るのと一緒で、一定期間を過ぎるとムダ毛が伸びてきてしまうというデメリットはありますが、かなり利用がしやすいような面が大きなメリットです。

顔のラインやVIOラインなどのデリケートゾーンにも利用ができますので、自宅で簡単にやるにはおすすめですが、皮膚が弱めの方ですと、ちょっと肌があれやすくなってしまう可能性があります。

自宅用の脱毛器を利用する方法

自宅での脱毛を利用するには、やっぱり自宅用の脱毛器というものも外せません。

永久脱毛まではできませんが、自宅用の脱毛器であっても毛が薄くなっていくような効果を期待できます。

時間はかかりますが、お金がない時に自宅で行う方法としてはかなり確実で、お金も脱毛機以外にはほとんどかからないと思います。

脱毛ワックスという方法

脱毛ワックスとは、脱毛したい個所に塗って、それを剥がしていく事で毛を抜く脱毛方法になります。

ガムテープを張って毛を抜くようなやり方に似ており、除毛クリームとの違いは毛を溶かすのか、一気に抜いていくのかの違いがあります。

この方法ですと、ムダ毛を毛根部分から引き抜くので、脱毛効果が1ヶ月ほど持続できます。

繰り返しワックスをつかうって毛を抜くことで毛根そのものが弱っていくことから、ムダ毛処理の回数はだんだんと減っていくという効果も期待できます。

利用できる範囲も結構広めでありますので、利用がしやすいですが、やはり一気に引っこ抜くというものですので、かなり痛みが伴うということがデメリットです。

が、時間はかけませんので自宅でやるにはかなりいいでしょう。

自宅で脱毛するメリットは?

費用が掛かりにくい

何といっても自宅で脱毛をするというのは費用がかかりにくく、時間を選ばないという点が最大のメリットです。

自宅での脱毛方法は家庭用脱毛器から毛抜きなど実に様々なものがありますが、エステや医療機関などに通っていくようなことを考えるとお金をかなり多く出さないといけません。

ですが、自宅で行うだけなら安いものなら数百円や数千円レベルのものを利用するだけでも、十分に脱毛することはできますし、専用の機材を購入するといっても数万円程度で出費はすみます。 

基本的に時間を選ばない

また、時間を選ばないという面では自宅脱毛は本当にやりやすいです。

エステや医療機関ですと,1回の施術が終わってから2か月から3か月くらいは待っていかないといけません。

それだけ期間が開いてしまいますと、普段の生活をしている中でついつい次の施術の時期を忘れがちだったりするものです。

それだけではなく、仕事などで忙しくなってしまったときも、施術を行う期間であったとしてもできないケースもあり、脱毛がしたくてもできないケースもあります。

自宅なら自分があいているという時間に脱毛をすることができますので、隙間時間といったようなところでも利用ができて時間管理が簡単です。

自分のペースで好きな時に脱毛ができますから、時間をうまく使えばかなり脱毛がしやすいのが大きな利点です。

自宅で脱毛するデメリットは?

自力で継続的にやるのは難しい

やはり素人が脱毛を自力でやるのは難しいという点が挙げられます。

例えば、脱毛器を利用するといっても正しく使うためには、しっかりと説明書を読んだりするわけですが、それが祖も曽於難しくて面倒になってしまって、結局は使っていないというようなことがあったりするわけです。

脱毛を始めたとしても、一つ一つやっていくのは結構な手間であります。

そういった手間をしっかりと理解したうえでやれればいいのですが、なかなか根気というものは続いてくれるものではありません。

長い脱毛作業に飽きてしまって、やっぱりやりたくないなというようなことになってしまってやる気がなくなってしまうわけであります。

肌トラブルの原因も作りやすいし、痛い

機材を使ったり、ピンセットで抜いたりするようなことも素人がやるとやっぱり痛みが付き物です。

エステサロンや医療機関のようにプロがやるわけでもありませんし、麻酔といった痛みを和らげるようなものも利用することがまずありません。

当然脱毛するためのものを利用する際に痛みを共に安いというわけです。

痛いのが何度も続いたりすると脱毛をすること自体が億劫になってきます。

そういったこともあってやる気がなくなっていってしまうようなこともあるわけです。

脱毛器やピンセットなども誤った使い方をしてしまうと肌に傷をつけたり焼けどをしたりと、脱毛サロンでは起きないような肌トラブルの原因になったりもします。

肌トラブルが一度来てしまいますと、見た目についても悪くなってしまうため、服を選ばなくてはならないようなこともあるでしょう。

脱毛サロンなどですと、万が一のトラブルに関してもしっかりとした対応をしてくれますが、素人ではこういったことをするのは難しいです。

トラブルが起きた後の対処も変わってきますので、肌の治りなども悪くなってしまう危険性もあります。

一般的に行われている自宅での脱毛処理というのは手軽ではありますが、素人がやることですので、やり方を間違えると肌トラブルになりやすい面がかなり強いです。

そうならないためにも、脱毛を自宅でする際には、事前の肌のケアの順位をしたうえで脱毛することが望ましいものといえます。

正しく脱毛をして少しでもよりより脱毛を実現していきましょう。