光脱毛とはどんな脱毛なの?

光脱毛とは、脱毛サロンで行われている脱毛方法のことです。

カメラのフラッシュのような特殊な光を肌に照射すると、ムダ毛が徐々に生えにくくなり最終的にはムダ毛のないつるつるの肌になってくれます。

光脱毛でムダ毛が減る仕組み

照射する光にはメラニンに反応するという特性を持っています。

ムダ毛が黒いのはメラニン色素が含まれているからで、光はムダ毛に吸収されて肌には反応しません。

吸収された光は熱エネルギーとなって毛根まで届き、熱でムダ毛を生成している細胞や組織にダメージを与えます。

細胞や組織は新たにムダ毛を作り出す力が弱くなって、回数を重ねるたびにムダ毛がどんどん減ってくれます。

光脱毛に即効性はない

光脱毛は2、3ヶ月おきに脱毛サロンに通って施術を受け、個人差はありますが大体2年から3年程度でムダ毛のない肌になれます。

即効性はなく、長期間かけてゆっくりとムダ毛を薄くしていく方法です。

肌から目に見えているムダ毛は全体の約2割程度しかありません。

ムダ毛は成長期、休止期、退行期という3つのサイクルで生え変わっていて、これを毛周期といいます。

1サイクルは部位にもよりますが、2ヶ月から3ヶ月くらいはかかってしまいます。

このうち、光脱毛の効果があるのは成長期の毛だけで、毛周期に合わせて2、3ヶ月おきに脱毛サロンに通って施術受けます。

1回脱毛に通って2割の毛を脱毛できたとしても、残り8割の毛は少しずつ順繰りに生え変わっていきます。

全部の毛を照射し終えるまでには長期間必要で、即効性のある方法ではありません。

光脱毛と医療レーザー脱毛の違いは?

脱毛サロンで受けられる光脱毛と、クリニックで受けられる医療レーザー脱毛と、脱毛方法には主に2種類のものがあります。

2つの方法に共通しているのは、ムダ毛に含まれているメラニンに反応する光やレーザーを当てて、毛根などを弱らせるという仕組みです。

光の特性や照射するパワーなどに違いはありますが、毛周期に応じて光やレーザーを照射し、徐々にムダ毛を目立たなくしていけます。

光の特性の違い

光脱毛の光はカメラのフラッシュのように連続した弱い光で、拡散するという特性を持っています。

広範囲に短時間で光を当てることができて、施術時間が短くてすみます。

一方、医療レーザー脱毛のレーザーは、直線的にパワーの強い光を照射することができます。

1回での脱毛効果が高く、短期間で脱毛を終えることができます。

照射パワーの違い

光脱毛よりも医療脱毛の方が圧倒的に照射する光のパワーが高いです。

光脱毛は毛根にダメージを与える程度ですが、医療脱毛は毛母細胞や毛乳頭など、ムダ毛生成に関わる細胞や組織などを破壊してしまうほどの威力を持っています。

細胞や組織を壊す施術は医療機関でしか認められていませんし、施術できるのは医療資格を持っている従事者だけです。

医療脱毛は光脱毛の約3倍から5倍くらいの威力がありますから、その分脱毛効果が高いです。

光脱毛だとつるつる肌になるまでには2年から3年くらいはかかりますが、医療脱毛なら1年程度ですんでしまいます。

美容脱毛と永久脱毛

光脱毛は減毛や抑毛の効果しかありませんから、美容脱毛に分類されています。

ムダ毛を作り出す細胞などはダメージ受けた状態で破壊されたわけではなく、復活する可能性があります。

医療レーザー脱毛は細胞などをしっかり破壊しますから毛が再生することはほぼなく、永久脱毛効果が得られます。

痛みや料金等の違い

照射パワーが高いほど痛みも強くなりますから、医療レーザー脱毛の方が痛みが強いです。

肌への負担も大きく施術直後は肌が赤みを持っている場合もあります。

人によっては痛みに耐えられない人いますが、医療機関ですから麻酔を使って施術を受けることも可能です。

脱毛効果が高い分、料金も高くなってしまいます。

医療機関ですから肌トラブル等の異常が出た場合には迅速に対応してくれて、適切な処置を受けることができます。

光脱毛は医療脱毛よりも照射パワーは弱いですから、痛みをそれほど感じることはありません。

肌にも優しく肌トラブルのリスクも低いですし、料金もクリニックより安くリーズナブルです。

麻酔などは使えませんから痛みへの対処は、機械のレベルを下げたり冷却ジェルを増やす程度しか方法がありません。

万が一肌トラブルなどが起きた場合でも、脱毛サロンによっては対応が遅くなったり、自力で病院を探して治療を受けないといけない場合もあります。

光脱毛のメリットは?

光脱毛は自己処理のように肌トラブルを起こす心配がなく、安全に脱毛できます。

ある程度回数をこなすとムダ毛が薄くなってくれますから、ムダ毛の自己処理の手間が省けます。

痛みを抑えて安全に脱毛できる

光脱毛は痛みがほとんどなく、よく言われているのが輪ゴムでパチンと弾かれたような痛みです。

それも毛量が多くて太い毛の場合で、腕や背中などの産毛はほぼ無痛で快適な施術が受けられます。

医療脱毛よりも照射パワーが弱いですから、肌への負担も軽く肌トラブルの心配もありません。

安全でリスクの低い脱毛が受けられて、敏感肌やニキビ肌などトラブルを抱えている肌でも脱毛可能です。

美肌効果に期待できる

光は肌の深部まで届きますから、細胞そのものの活性化に役立ってくれます。

コラーゲンなどの美肌を維持する物質が作られやすくなりますし、ターンオーバーも活性化されます。

肌のきめが細かくなったりふっくらハリが出たりなど、美肌効果にも期待できます。

肌の引き締め効果もありますから、たるんだ肌を引き締めてくれたり毛穴を引き締めて目立たなくしてくれます。

ターンオーバーの活性化によって、シミやニキビなどのダメージを受けた部分の回復も早くなり、肌トラブルのない健やかな肌を目指せます。

脱毛サロンではアフターケアも充実していて、フェイシャルエステのようなケアが受けられます。

潤いやハリのある美肌になれて、リラクゼーション効果も高まります。

豊富なプランとリーズナブルな料金

脱毛サロンでは様々なプランが用意されていて、その人のニーズに応じて選びやすくなっています。

パーツの大きさによるパーツ別脱毛や全身脱毛は定番ですし、人気部位を組み合わせたセットプランなどもあります。

キャンペーンなどを活発に展開していて割引特典も豊富ですし、リーズナブルな料金で脱毛できてしまいます。

光脱毛のデメリットは?

光脱毛はメリットも多いですが、医療脱毛よりも照射パワーが低い分デメリットも存在します。

脱毛回数や期間が長くなってしまう

個人差はありますが、つるつる肌になるまでには回数にして18回程度は必要です。

脱毛終了までの期間はだいたい2年から3年と長く、その間は通い続けなくてはいけません。

医療脱毛なら最短で半年くらいで終了しますから、光脱毛は終わるまでに時間がかなり必要です。

永久脱毛ではない

光脱毛はあくまでも美容脱毛です。

減毛や抑毛の効果しかありませんから、永久脱毛ではありません。

毛を作る細胞などは残っていますから、いずれムダ毛が復活してしまう可能性があります。

産毛は効果が低い

光脱毛はメラニンに反応するという仕組みを生かして脱毛しています。

メラニンが少ない細くて薄い産毛には、光が反応しにくく脱毛効果が落ちてしまいます。

その分回数が必要となり、脱毛し終わるまでの期間も長くなってしまいます。