埋没毛とは?

埋没毛という言葉を聞いたことがあっても、実際にはどんなものを指すのか説明できない人は多いものです。

埋没毛というのはその名称どおり、皮膚に埋もれてしまっている毛のことを指します。

ただし、髪の毛のことではありません。

埋没毛というのはムダ毛処理をした時にできやすく、皮膚に埋もれてしまっていることで次からはムダ毛処理ができにくくなってしまうことがあります。

埋没毛の出来る原因は?

そんな埋没毛が出来てしまうのにはどんな原因があるのかというと、これは正しいムダ毛処理をしていないからです。

ムダ毛処理というと、多くの人は自宅で自分で行っています。

例えば、ピンセットで一本一本、丁寧に抜いたり、剃刀を使って剃ったりすることが多いでしょう。

しかし、これらの方法でムダ毛処理をしていると、毛が埋もれてしまうことがあるのです。

ピンセットにしても剃刀にしても、毛の根元から取り除くことはできないムダ毛処理の方法と言えます。

そのため、残ってしまった毛が皮膚に埋もれてしまうわけです。

したがって、これらの方法でムダ毛処理をしても、根元からムダ毛を取り除けないことから、毛が伸びる度にムダ毛処理をする必要が出てきてしまいます。

埋没毛があるとお肌に影響はあるの?

埋没毛があっても気にしない人は気にしないものです。

皮膚に埋もれてしまっているので、なかなかそこから出てこないことから、かえってムダ毛処理の手間を省けると思う人もいます。

しかし、そのままにしておくと、見た目は良くありません。

毛が埋もれたままになっているので、毛が表面に出てこれず、そこから炎症を起こしてしまうこともあります。

とは言っても、お肌に影響があるのかというと、そういうわけでもありません。

肌へのダメージはないので、気にならないようならそのままにしても問題ないのです。

埋没毛の治し方は?

見た目も気になるし、根元からきちんとムダ毛を処理したいと思うのなら、埋没毛を治しましょう。

埋没毛の治し方は素人では難しいものがあります。

素人は埋もれている毛を掘り起こしてしまうことがあり、かえって肌へのダメージが強くなってしまうこともあるのです。

ピンセットで無理に埋もれている毛を掘り起こしてしまうと、そこから炎症が起きてしまうことがあります。

ほじくり回したことで、出血することもあるでしょう。

そうなってはさらに見た目が悪くなってしまいます。

そこでおすすめなのが、エステサロンや脱毛サロンを訪れることです。

エステサロンも脱毛サロンも、ムダ毛処理のスペシャリストなので、安心して埋没毛処理を任せられます。

もしくは皮膚科を受診するというのもおすすめです。

ただし、皮膚科では脱毛ができるわけではないので、この点は念頭に置いておきましょう。

皮膚科を受診するのは埋没毛によって毛穴に炎症が起きてしまった場合です。

炎症は皮膚科で解決してくれます。

塗り薬や飲み薬を処方されるので、まずは炎症を治してから埋没毛対策を行いましょう。

エステサロンや脱毛サロンでは、専門的な機器を用いて埋没毛を治してくれます。

素人ではどうしてもピンセットなどでほじくり回してしまうので、かえって状態を悪化させてしまうだけです。

そうなる前に專門のところできちんと治してもらいましょう。

埋没毛にならないようにするには?

埋没毛になってしまって、皮膚科やエステサロン、脱毛サロンというように、いろいろなところを訪問したくないという人は、埋没毛にならないように気をつけるしかありません。

埋没毛にならないようにするためには、正しいムダ毛処理の仕方を覚えることがポイントです。

自宅で自分でムダ毛処理をするのなら、正しい知識を持ってから行うようにしましょう。

特に埋没毛になりやすいのはピンセットで毛を抜くことです。

一本一本、手間をかけて頑張って抜いたにもかかわらず、次に生えてきた毛が埋没していることがあります。

これではせっかくの努力も水の泡です。

これは無理に毛を抜いたことが原因なので、ピンセットはなるべく使わないようにしましょう。

自宅で自分でムダ毛処理を行うのなら、剃刀の方がおすすめです。

ただし、剃刀の使い方にも十分、注意しましょう。

剃刀での正しいムダ毛処理の方法はインターネット上にも載っているので、参考にするのもおすすめです。

例えば、乾いた肌にそのまま剃刀を使ってしまうと皮膚が傷だらけになってしまいます。

これは絶対に避けましょう。

肌へのダメージを抑えるためには、剃刀の滑りが良くなるように専用のローションを使うことです。

ローションを肌に塗ってから剃刀を滑らせると、滑りが良く、一度の滑りで簡単に毛が剃れます。

また、この時にもう一つ注意すべき点は、何度も剃刀を滑らせないことです。

何度も同じ箇所を剃刀を滑らせてしまうと、肌が傷ついてしまいます。

目では見えなくても、細かな傷がついてしまうことがあるのです。

剃刀でのムダ毛処理は一度で行うようにしましょう。

埋没毛を作らない剃刀での処理方法

剃刀でムダ毛処理を行うのなら、毛の生える周期を確認してからにしましょう。

毎日、行う必要はありません。

あまり頻繁に剃刀を使っていると肌が傷ついてしまいます。

それに、毛はそんなに早く生えてきません。

ちょっとでも毛が見えると気になってしまうという人は少し我慢をして、ある程度、生えてきてから剃刀を使いましょう。

二週間に一度、頻度が多いにしても2日に一度くらいの間隔がおすすめです。

また、剃刀を使った後はきちんと保湿をしましょう。

思っている以上に肌にはダメージがあるからです。

多くの人は入浴時に剃刀でムダ毛処理を行うため、浴室でボディソープの上からムダ毛処理をすることがあります。

これでももちろん構いませんが、肌に合うボディーソープを使いましょう。

埋没毛ができない方法とは?

いずれにしても、自宅で自己処理をするのは大変です。

完璧に埋没毛を作らないことは難しいため、できればエステサロンや脱毛サロンでの脱毛をおすすめします。

このような専門的なサロンなら、専門的な機器を使って脱毛ができるため、完璧な状態にすることも可能です。

それに、各人の肌の状態や毛の状態などをカウンセリングします。

よって、各人に合う脱毛方法を提案してくれるところも安心です。

絶対に埋没毛にならないようにしてくれます。

特にレーザー脱毛なら埋没毛はできないのでおすすめです。

肌へのダメージも少なく、肌もツルツルでスベスベの状態にできます。

仕上がり感や手触り感が良いため、自己処理で行った時よりもザラザラすることはありません。

近くで見ても埋没毛がなく、毛穴が目立たないような状態にしてくれます。

最近は費用もリーズナブルなエステサロンや脱毛サロンが増えてきていることから、金銭的に余裕があるようなら訪れてみましょう。

もちろん、エステサロンや脱毛サロンを利用するにしても、脱毛に関する基礎知識は必要です。

多少なりともインターネットや口コミなどから脱毛に関する情報を収集してから訪れることが大事です。

エステサロンや脱毛サロンでは永久脱毛も可能です。

埋没毛に悩まされている人は永久脱毛によってその悩みを解決できます。

通う頻度も都合に合わせられることが多いので、無理なく通えるところも人気です。

最近は学生向けのプランなども増えてきており、分割払いも可能なところが多く、通いやすくなってきています。